Interview 1. 子育てしながら、医師として研究者として研鑽を続けたい。 平成29年度臨床研修医 瀧澤菜々

  • 簡単な自己紹介と現在目指している診療科について教えてください。

    昨年に筑波大学医学群を卒業し、今年度から当病院で臨床初期研修医として働いています。今のところ、学生時代から興味があった麻酔科が第一志望です。

    筑波学園病院を研修先として選んだ理由は?

    家庭の事情で、まず茨城県内の病院であることが条件でした。次に、診療科が多く熱心な指導医の先生がいらっしゃること、common disease を幅広く経験できることが希望でした。筑波学園病院はそれらの条件に合致し、さらに病院を転々とせず色々な科を回れるため効率よく研修できると思い、こちらに決めました。

    実際に研修を受けてみていかがですか?

    学生時代は、研修医とは指導医の後ろ姿を見て学んでいくものだと思っていました。でも実際は、研修医ながらある程度の裁量権をもって、最適な治療は何か自分自身で考えていく必要があることを知りました。大きな責任を伴いますが、そのぶん良い勉強の機会になっています。

  • 1日の流れを教えてください。

    朝、子どもを保育所に預けた後、1日の準備をしてから、毎朝開かれる全科合同カンファレンスに出席します。そこで、救急とHCUの状況を把握します。その後は、現在回っている麻酔科での手術症例についてのカンファレンスに出席し、麻酔業務に取り組みます。週に1回程度、プライマリーコールとして救急対応も行っています。

    研修・教育体制についてお聞かせください。

    患者や医学知識についてはもちろん、医師としての将来についての相談にものっていただけます。また、研修先の科も比較的自由に組ませてもらえるので、希望の科を長期間回ることも可能です。

  • どのようなところに働きやすさを感じますか?

    医師や看護師のみなさん、他のコメディカルの方もみんな優しく気さくに接してくださるので、働いていて楽しいです。研修で回っている科はもちろん、他の科の先生であっても機会があれば丁寧に指導してくださいます。
    事務手続きなども医局秘書の方がすべての窓口になってくれるので、どうしたらいいかわからなくなることは少ないですね。
    あとは、私には子どもがおりますので、保育所がある点も大きな魅力です。

    今後の目標を教えてください。

    子育てをしながらでも、医師として研究者として日々研鑽を忘れず、どんなときも適切な対応ができる医師になりたいです。
    その上で、一緒に働く方々への配慮も忘れずに、自分の環境に感謝しながら研修に取り組んでいきたいと思います。

医学生の皆さんにメッセージ MESSAGE

「患者にとってもっとも良い医療とは何か」を常に考え、積極的に調べる姿勢を忘れないようにすることが大切だと思います。

Next Interview 2. 臨床研修医 清水梨華